そのトレーニング正しくできてますか?自己流トレーニングで特に多い3つの間違いと対処法

パーソナルトレーナーのAyaです。

先日お客様に頂いたアンケートの中でこんなお声を頂きました。

 

自己流トレーニングの間違い

 

内容:筋トレ、その他トレーニングを自己流でやっていて、この方法が間違っていないのか疑問を感じる

 

この記事を読んで頂いている方の中には既に自分でジムに通ったり、ご自宅でなにかトレーニングをしている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし過去に運動の経験が少なかったり、専門のトレーナーにトレーニング方法を学んだことがないと、このアンケートの方と同じ気持ちを感じることは多いはずです。

そこで今回は、私のこれまでの経験で「自分ひとりトレーニングしている人にありがちな間違い」というのをお伝えしたいと思います。

 

自己流トレーニングでありがちな3つの間違いと正しい方法

 

私がこれまでにパーソナルトレーニングを指導してきたなかで、特に多かった間違いは次の3つです。

正しい方法と共に解説していきますので、当てはまるものがあればぜひ次のトレーニングから改善してみてください!

 

 

①トレーニングの負荷(回数や秒数、セット数)が足りない!

毎回努力してトレーニングしても成果がでないと悩んでいる方。設定している負荷が軽い方が大半です。
自宅でのトレーニングだと、回数、セット数を増やしたり、キープする秒数を増やしたりしましょう!

いまのカラダから変化させたいのなら、ツラいと思うくらいのトレーニングをしないといけません。(笑)
ツライと思ってかららがトレーニングの効果がでるところです!!

 

 

②ターゲットの部位や筋肉、以外に痛みや違和感がでてしまう。。

お腹のトレーニングをしているはずが、腰が痛くなってきた、、そんな経験ありませんか?
トレーニングしたい部分ではないところに痛みがくる場合はフォームを間違えているサイン!!
痛くならないようにまずは角度を少し変えてみましょう!

また女性に多いのが胸の筋肉をつけたいのに腕ばかり太くなってきた、、、。

要は鍛えたい筋肉以外に過度に力が入ってしまうパターンです。

より効率よくトレーニングするためにもどの部位のトレーニングをしているかを明確にして行いましょう!

 

 

③トレーニングを行うスピード

力を入れる時に反動をつけていませんか?
または、重さを下ろす時に力を抜いてませんか?

自分でトレーニングをする時は、なかなかフォームが正しいかどうか、わかりません。安全にかつ効果的に行うためにもユックリ上げてユックリ下ろすスピードがお勧めです!

 

 

 

ここで下半身のトレーニングについて例をあげてみます!

自宅で足腰を鍛えるために、’’スクワットを何百回もやっている!’’ よくお話をされている方がいます

毎日何百回も行うのは時間もかかるし数えるのが大変?!

であれば一番きついとろこで1分間我慢するトレーニングに変えてみてはいかがでしょう?

昔、部活動でやりませんでしたか?いわゆる空気椅トレーニング’です。

下半身の筋肉が休むことなく1分間使われるためキツく乳酸もたまります。

また膝を何回も曲げ伸ばしせずにトレーニングできるのでケガをすることなく安全にトレーニングができます。

 

 

 

 

いかがでしたか?運動経験の少ない方だと、意外と知らない内容も多かったかもしれませんね。
少しでも不安を解消して、トレーニングを継続していってくださいね♪

 

 

 


カラダのメンテナンスは“Aya’s パーソナルトレーニング”にお任せください!

学芸大学周辺・東横線沿線の出張パーソナルストレッチでしなやかなカラダに

笠原綾の出張パーソナルトレーニング